HOME > 症例ページ

妊娠中症例

妊娠期における痛みや様々なトラブルは未然防止や改善は可能です。
何故、その様な痛みや症状が起こりうるかをしっかり把握することにより、生活習慣の改善が見直され問題は解決します。
妊婦だから我慢する必要はありません。妊婦だからこそ改善できる事は改善して有意義な妊婦生活をおくることをお勧めします。きっと産後が楽しみになるはずです。
ここでは簡単に説明していますが、当院にお越し頂ければ詳しく説明致します。

頭痛
簡単に説明すると、お腹の迫り出しによる運動制限が1番に影響します。
お腹が迫り出すと腰が曲げにくくなり、どうしても首を伸ばし下を見ようとします。その際、首への負担がかなり増大しますし、何と言っても肩こり・首の疲れから関連痛として頭痛が起こるのが典型的です。
皆さんはよく、私は偏頭痛もちと言いますが、大半は緊張型の頭痛です。
筋肉があまりにも疲労しすぎてるため偏頭痛特有の天候が変わると頭が痛くなるに当てはまり勘違いする方が殆どです。
筋肉の緊張を取り除けば天候が変わっても頭痛はしませんし、薬も必要ありません。また、つわりが酷い方は肩・首の緊張で関連痛である頭痛を再現します。

肩こり・背部痛
簡単に説明すると、お腹の迫り出しによる運動制限が1番に影響します。特に初産婦はそうです。経産婦はお腹のお子様の事より上のお子様に意識が行きますのでそこまで運動制限はありません。
そんなこと言ってられない状況だと思います。
しかし、肩こり・背部痛を我慢し続けると、つわりや頭痛を再現します。

腰痛
簡単に説明すると、お腹の迫り出しによる運動制限が1番に影響します。
しかし、骨盤帯の筋肉が弱い方も腰痛を感じます。
初産婦の場合、お腹の張りに気付かなく、腰の痛みは気付く方がいますが、それは、お腹の張りが原因で腰痛になっていることもあります。その際はすぐに主治医に見てもらう必要があります。
連続して張り続けているから腰に影響がでるのです。
また、すべり症やヘルニアなどの方も改善は可能です。妊婦だからと言って諦めないで下さい。

股関節(お尻)痛
簡単に説明すると、そもそも女性の股関節は非常に弱く疲労の影響を受けやすいです。
痛みが出る方は内股やO脚・股関節脱臼や股関節が硬い方です。
一般的なイメージで男性より女性の股関節(お尻)は軟らかいイメージですが、私からみると女性のが固く疲労しています。
これは大概の女性に当てはまりますから、誰でも股関節の痛みを感じることは想像つきます。また、急な体重増加やホルモンの影響で股関節に負担が掛かっています。
理想は男性のようなお尻を築きあげる事です。そうすれば妊娠期だけでなく閉経後も股関節症にならないでしょう。しかも、キレイなお尻で垂れることも防ぐことは出来ます。
当院では産後の方には全て綺麗で健康的な骨盤帯(お尻)になるようにエクササイズをお教えしますし、チャイルドケアの《CASE1》でも同様の指導を致しております。

浮腫み
簡単に説明すると、お腹の迫り出しによる股関節部の圧迫及び、運動不足。塩分の取りすぎでむくみやすくなります。
むくみは酷くなりすぎると改善は困難です。どのような状態が酷いか?分かりませんよね。写メールいただければ回答いたします。少しのむくみでしたら、改善可能です。
運動不足でもむくむと書きましたが、むくみの酷い状態で運動は駄目です。安静です。
また、塩分の取りすぎ注意ですが、これは個人差があります。そもそも塩辛いものが好きな方は、塩分抑えてとしても通常の方の普通だと思って下さい。その為、極端に言えば病院食と同様の調理をして下さいと言うことになります。
むくみも気をつければ未然に防止できます。

こむら返り
簡単に説明すると、お腹の迫り出しによる姿勢が影響して、ふくらはぎの筋肉が萎縮します。
また、妊婦は胎児に栄養を送る為、ご自身のミネラル不足により萎縮がおこる場合もあります。
こむら返りを経験された方は対処法は知っていると思いますが、未経験の方は、絶対に我慢しないで下さいね。ふくらはぎを伸ばしてください。そうしないと、攣りやすくなる一方で筋肉の塊ができ、疲労物質と変化してしまいます。
むくみが起こりやすい方も攣りやすいです。

手の痺れ
簡単に説明すると、手の痺れは脳の異常ではありません。
知らないと不安になり方がいますが、鎖骨下部又はワキの辺りが圧迫されたために起こる現象で、筋肉を解せば痺れは改善されます。
しかし、多胎妊婦さんの場合はお腹の迫り出しが単体妊婦さんに比べはるかに大きい為、改善速度は遅くなる傾向にあります。


産後の症例

腰痛
簡単に説明すると、産後の腰痛は出産による緊張や不慣れな育児・授乳・抱っこ・夜泣き等による体の緊張が主に原因です。
この緊張は無意識で自分の体がこんなに緊張しているとは感じません。その為、身体は休まることが無く腰痛を感じるようになります。
特に夜泣きによる起床は最も腰を悪化させます。これは夜泣きが始まると殆どの方が抱っこします。そして、寝かしつけ自分も寝ますが、深い眠りに入ろうとする頃また、泣き声で眼が覚めるからです。この繰り返しでは緊張は解れません。そうでなくても産後の女性は赤ちゃんのことが気になり目を覚ますぐらいですから。その為には筋肉を解し、ある方法で寝方を変えると効果があります。

肩こり・背部痛
簡単に説明すると、授乳や抱っこ・おんぶ紐が原因です。授乳は身体をまるめ、同じ姿勢を数10分から1時間ぐらい続けますので痛くなるのは当然のことです。
緊張の連続により筋肉の疲労が蓄積されます。

頭痛
簡単に説明すると、授乳や育児によるストレス(思うようにいかない)で肩や首・背部が緊張し続けた結果、関連痛として頭痛を引き起こします。

股関節(お尻)痛
簡単に説明すると、出産(分娩時)に下半身の筋力を使い極度まで疲労します。また、産道の開きによる筋肉の低下等で骨盤帯のバランスが崩れる為、上半身の体重を支える股関節に影響がでます。
これは、痛みでなくとも産後の下半身太りになる方も同様のことが言えます。
出産を繰り返せば勿論年齢も増しているはずです。人間の成長は20代前半でピークを迎え、後は退行変性(老化)が進みます。その為、今までと同じような運動では筋肉は維持できませんし、産後は育児による運動不足で筋力の回復も遅くなります。
2・3人目と出産されるのであればその都度しっかりとしたエクササイズや正しい知識が必要です。

手首・膝痛
簡単に説明すると、これは8割がたの産後の方が体験する症状です。
何故この症状がもっと取り上げられないかが不思議なくらいです。
・手首痛は産後すぐから3ヶ月、赤ちゃんの首が据わるまでがポイントです。
・膝痛は立ち方がポイントです。
産後、気付く前に妊娠期から症状のメカニズムを把握しエクササイズや予防知識で未然に防ぐことが大切です。一旦症状がでると長引く為辛い日々を送ることになります。特に手首は家事にも影響しますので妊娠期からご相談下さい。

関節のこわばり
簡単に説明すると、筋肉の緊張が全身に起きてしまい、関節の連動性が上手くいかなくこわばりが起きます。
しかし、少し動かしたり揉んだりすると症状が緩和される為あまり心配される方はいませんが、緊張は積もり重なりますので、この場合でもしっかりとケアすることが大切です。

 

※産後のケアはその後の人生を決めてしまうといっても過言ではありません。
2ヶ月目に突入したらすぐにケアを受けて下さい。この時期に悪い筋肉を除去し、良い筋肉をつけ、健康で綺麗な身体に導きましょう!!
ガードルやベルトで何十万支払うくらいなら整体を受けた方が経済的にも身体的にもプラスで、賢い選択だと当院は思います。


▲ページトップに戻る